わらアートって?

わらアートって?

アートとしての魅力

・多くの作品は高さ4m以上、長さ6m以上になり、もっとも大きいもので高さ7m以上、長さ15m以上の規模で制作されます。

・テーマはマンモス、イノシシ、機関車、くまモンから焼き鳥まで、あらゆる造形が可能で、わらの特徴である黄金色、ぬくもりある質感、なつかしい手触り、良い香りなどが楽しめます

・特殊な素材を使用しないで、身近にある「わら」を使用して制作できるのも魅力の一つです。

地域作りとしての可能性

わらアートは地域住民の方々と共に協力しながら制作し、交流を経ながら完成時にはみんなで達成感を味わえる、また高齢化や過疎に悩む地域に元気をもたらし各地域と連携を深めながら作品作りを行っています。

完成後には多くの来場者、特に子供たちを惹きつける存在として他のイベントと関わり合いながら地域の活性化に貢献していきます。

生態学としての意義

・稲作農業で生まれる稲わらを使用するのはもとより、麦わらや茅、その他それぞれの地域で生育する生物資源を材料として活用しています。